熱間圧延継目無角鋼管(超極厚・小R・継目無角鋼管)

熱間仕上げによる超極厚・小R・角鋼管をご提案致します。
JFEスチール㈱知多製作所殿製
(製造長さ6000mm~12000mm)

熱間圧延継目無角形鋼管 JFEスチール㈱知多製作所殿製

製造方法 (継目無熱間仕上:プラグミル法)
丸ビレットを素材としています。加熱された丸ビレットをピアシングミルにより中空素管へ加工し、プラグミルによって管の内外両面を均一に圧延します。
次に再加熱した素管をサイジングミルへ通し、角形へ成形を行います。



製造能力範囲
熱間仕上げによる超極厚・小R・角形鋼管をご提案致します。
製造長さ6000~12000

単位[mm]
辺の長さ 厚さ
12 16 19 22 25 30 35
250×250 _ _
200×200
150×150
□:相談範囲___■:製造範囲



化学成分

単位[%]
規格 C(炭素) Si(ケイ素) Mn(マンガン) P(リン) S(硫黄)
KKH400 ≦0.23 ≦0.35 0.05~1.20 ≦0.035 ≦0.025
KKH490 ≦0.18 ≦0.55 ≦1.60 ≦0.035 ≦0.035
KKH540 ≦0.23 ≦0.55 ≦1.60 ≦0.035 ≦0.035



機械的性質

単位[%]
規格 降伏点又は耐力
[N/m㎡]
引張強さ
[N/m㎡]
伸び[%]
KKH400 ≧235 ≧400 ≧20
KKH490 ≧315 ≧490 ≧20
KKH540 ≧355 ≧540 ≧20
※ステンレス鋼・合金鋼の規格も製造可能です。



寸法許容差

項目 公差
辺の長さ ±1.0%(Min±0.5)
各辺の平板部分の凹凸 ±1.0%
隣り合った平板部分のなす角度 ±1.0°
角部の寸法 (0.5~2.0)×厚さ
曲がり 全長の0.2%以下
ネジレ Max0.2mm(Max0.5mm/M)
厚さ ±12.5%
長さ -0、+規定せず

≪備考≫
1.厚さの許容差は、平板部中央部について適用します。
2.角部の寸法はs寸法を示します。
3.この公差は、BS4848を基準としています。



寸法表
sunpou3

_ 参考値
辺の長さ
A×B
厚さ
t
R 単位重量
[kg/m]
断面積
[cm2]
断面二次
モーメント[cm4]
断面係数
[cm3]
断面二次
半径[cm]
250×250 25 37.5 174 222.0 18100 1450 9.03
22 33 156 198.3 16700 1340 9.18
19 28.5 136 173.8 15000 1200 9.29
16 24 117 148.5 13200 1060 9.43
200×200 35 52.5 177 225.1 9630 963 6.54
30 45 157 199.6 9130 913 6.76
25 37.5 135 172.0 8400 840 6.99
22 33 121 154.3 7840 784 7.13
19 28.5 107 135.8 7170 717 7.27
16 24 91.5 116.5 6390 639 7.41
150×150 35 52.5 122 155.1 3180 424 4.53
30 45 110 139.6 3140 419 4.74
25 37.5 95.8 122.0 3000 400 4.96
22 33 86.6 110.3 2860 381 5.09
19 28.5 76.8 97.81 2680 357 5.23
16 24 66.3 84.52 2440 325 5.37



在庫サイズ

規格KKH490
辺の長さ 厚さ kg/m 最大長さ
200×200 22 121 9000
19 107 9000
16 91.5 12000
150×150 22 86.6 9000
19 76.8 9000
16 66.3 12000
規格KKH540
辺の長さ 厚さ kg/m 最大長さ
200×200 22 121 9000
19 107 9000
16 91.5 12000
150×150 22 86.6 9000
19 76.8 9000
16 66.3 12000



二次加工
切断:ご指定の長さ切断致します。
平面研削:最長6000mmの平面研削が可能です。

INFORMATION


マイナビ2020

ページ上部へ戻る