角鋼管&異形管|表面肌

p14up

とーとくサイズの角鋼管・異形管は、円管を素材とした冷間ロール成形で加工します。
表面肌は使用した素管の肌が基準になります。最も多いのは黒皮①です。
特に要求がある場合は、酸洗材②を使用することもあります。
シームレス管も黒皮ですが、溶接管の黒皮に比べてスケールが多く付着しています。
メッキ材③(メッキの種類、目付量)は、用途に合わせた選択が必要です。

INFORMATION


マイナビ2020

ページ上部へ戻る