角鋼管&異形管|厚さ

とーとくサイズに使用する主な素材(円管)の厚さ許容差を示します。角鋼管・異形管に冷間ロール成形することにより、厚さが減肉することはありません。成形後のコーナーR部近傍は、増肉する傾向にあり、厚さ許容差の対象外となります。

単位(mm)

素材(円管)の規格 素材(円管)の製造方法 寸法の区分 許容差
一般構造用炭素鋼鋼管

JIS G 3444
STK400
STK490

溶接鋼管 3未満 ±0.3
3以上
12未満
±10%
12以上 +10%
-1.2
熱間仕上継目無鋼管 4未満 +0.6
-0.5
4以上 +15%
-12.5%
機械構造用炭素鋼鋼管

JIS G 3445
STKM11A
STKM13A
STKM20A

溶接鋼管 3未満 ±0.3
3以上 ±10%
熱間仕上継目無鋼管 4未満 +0.6
-0.5
4以上 +15%
-12.5%

素材(円管)の規格 素材(円管)の製造方法 寸法の区分 許容差
配管用ステンレス鋼管

JIS G 3459
SUS304TP

溶接鋼管 2以上
19未満
±10%
熱間仕上継目無鋼管 4未満 ±0.5
4以上 ±12.5%

角鋼管の規格 厚さ 許容差
外径300以下 外径300超
400以下
建築構造用ステンレス鋼材

JIS G 4321
SUS304A

2.15以上
3.15未満
+0.9
-0.3
+0.9
-0.35
3.15以上
4.00未満
+0.9
-0.35
+0.9
-0.4
4.00以上
5.00未満
+0.9
-0.4
+0.9
-0.45
5.00以上
6.00未満
+0.9
-0.45
+0.9
-0.5
6.00以上
8.00未満
+1.0
-0.6
+1.0
-0.6
8.00以上
10.00未満
+1.0
-0.65
+1.0
-0.65
10.00以上
16.00未満
+1.0
-0.7
+1.0
-0.7
16.00以上
25.00未満
+8%
-0.8%
+8%
-0.8%

INFORMATION


マイナビ2020

ページ上部へ戻る