INTERVIEW

品質保証課

浦中 啓太

2012年入社

「東洋特殊鋼業にしかできない」が
大きな魅力です。

品質保証課で作業の記録や検査記録の確認、品質に関する管理から合否判定、教育訓練の実施など当社製品の品質にかかわるさまざまな部分を担当しています。

小さい頃からモノづくりが好きで、その中でも特に鉄鋼が身の回りのいろいろなものに利用されていることに興味を持ちました。自分自身も携わっていきたいと考えるようになり、入社を決めました。

当社オリジナルの異形管は他社では真似できないもので、その異形管が使用された製品を目にしたときには言葉にできない感動とやりがいを感じます

世界初のJISマーク認証の取得に成功

モノづくりの宿命だとは思いますが、製品に不適合やクレームが発生した場合にどのようなところに問題があったのかを見つけ出し、どのように改善すればうまくいくのかを検討する際は大変苦労します。

今までの業務の中では、日本産業規格:JIS G 4321の建築構造用ステンレス鋼材(角形鋼管)において世界初となるJISマーク認証を取得できたことが1番印象に残っています。

「クレーム不適合ゼロ」を目標に

今後もお客様に満足していただける製品を作るため、「クレーム不適合ゼロ」を目標に品質管理・品質向上に精一杯努めます。

東洋特殊鋼業では幅広い年齢の人たちが働いています。そのため、誰もが質問や提案ができ、みんなが主となる活動を目指して日々取り組んでいます。

就職に対しては期待だけでなく不安も大きいとは思いますが、あまり心配しすぎずに自信と目標を持って大きな一歩を踏み出してください。

Schedule1日のスケジュール

8:3012:0012:5517:30
  • 8:30-12:00
  • メールのチェック
  • 作業記録・検査記録の確認
  • 品質管理業務
  • 製品品質確認
  • 12:55-17:30
  • 作業記録・検査記録の確認
  • 検査成績表発行
  • 品質に関する指導
  • 出荷業務確認